撮影用の背景素材作りで悪戦苦闘

haikei_zairyou ひとりごと

記念すべき1つ目の記事(プロフィール)に挿入した、この画像。

大好きな入浴剤ブランド『クナイプ』の、ネロリの香りのバスソルトです。

私の名前の由来となっています。

この画像を撮影するために、まずは背景素材を作ることにしたのですが、思っていた以上に時間がかかってしまい、昨日はこの画像を記事に挿入するだけで力尽きてしまいました。

(ちなみに画像の挿入の仕方がわからなかったことも、力尽きた原因のひとつでした・・・)

 

撮影用の背景素材作りで、悪戦苦闘した一部をご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

セリアで調達、材料費は648円

  • セリア リメイクシート(オールドウッドC・サイズ約45cm×90cm) 2本
  • セリア プラダン(サイズ約縦50cm×横35cm×厚さ0.3cm) 4枚

 

sozai_size

完成予想図。わかりづらい・・・?

底と奥、そして左右に1枚ずつ欲しかったので、プラダンを4枚購入しました。

左右用のプラダンは、底と奥よりも小さめで大丈夫かなと思ったので、横のサイズを50cmではなく34cmくらいにカットしたら、リメイクシート2本でちょうど足りました。

pladan

プラダン断面はこんな感じ。

 

すべて100均のセリアで購入。材料費は6点で648円でした。

スポンサーリンク

持っていると便利な「押さえヘラ」

osaehera

この押さえヘラもセリアのものですが、ひとつあるととても便利です。

私は以前別の用事で必要になったので既に購入済みでしたが、リメイクシートを使って作業することがある方は、持っておいて損は無いかなと思います。

押さえヘラを使って、プラダンにリメイクシートを貼っていく

sheet_memori

リメイクシートの裏は目盛付きのシールになっているので、プラダンを目盛に合わせて、剥離紙を少しずつ剥がしながら貼り付けていきます。

 

sheet_haru

こんな感じ。プラダンとシートの間に空気が残らないように、押さえヘラで少しずつ慎重に貼っていきます。

 

この時プラダンからはみ出したリメイクシートが、机にしっかり貼り付いてしまって、シートがヨレたりシート同士でくっついたりして苦労しました。(不器用・・・)

 

sheet_4mai

それでも悪戦苦闘の末、何とか完成!

プラダンを使う時に注意すること

今回エアコンをつけていたので、窓を閉め切った状態で作業をしていたせいか、プラダンのロウのようなニオイが部屋に充満して、作業の途中で気分が悪くなってしまいました。

プラダンはカッターやハサミで簡単に好きなサイズにカット出来たり、油性ペンで直接文字を書いたり出来るので便利ですが、今後プラダンで作業することがある場合には、風通しの良い場所を選ぼうと思っています。

 

4枚も作るのに悪戦苦闘した割には、最初の撮影は1枚あれば事足りてしまったという皮肉・・・。

これから活躍させられると良いな。

タイトルとURLをコピーしました